【仮面ライダーセイバー11話感想】敵も強化!恐るべき邪王の力!

仮面ライダーセイバーの画像 感想

こんにちは! サクライドです!

 

第11話「乱れる、広がる暗雲。」が放送されました。

 

カリバーの正体を知って動揺しまくりの賢人

いろいろ起こりすぎて何が起こってるのかよく分かってない飛羽真。

そして暴走しそうな賢人を咎める倫太郎。

 

1話前にめっちゃ仲良くなったのに早速すれ違い始めた3人が

話し合う間もなく、カリバーたちの新しい作戦が始まってしまいました!

 

賢人が心配な第11話を振り返っていきます!

 

暴走寸前の賢人、怒る倫太郎

カリバーの正体が賢人の父・隼人ではなく、先代の炎の剣士・上條だと知り

メンタルがぐちゃぐちゃの賢人。

 

一人で突っ走りそうになる賢人に対し『剣士なら私情を挟むな』と

倫太郎は厳しく叱ります。

サクライド
サクライド

君も師匠の仇に私情を・・・いややめておこう

 

飛羽真の励ましも届かない様子の賢人。

まあカリバーは父親だと思ってずっと責任を感じてたわけですから

その動揺も無理もないですね。

サクライド
サクライド

喧嘩を止める大秦寺さんが可愛かった

 

賢人と倫太郎のぶつかり合いで、倫太郎には親がいないことが判明しました。

仲間のみんなが家族』という思いに対し、さすがの賢人も少しだけ心が揺れます。

 

共感できないことをきっぱりと『分かりません』と答える倫太郎から

根っこの真面目さを感じ取れるので、ここのやりとりが何気にとても好き。

サクライド
サクライド

倫太郎の過去が少しずつしか明かされないのは何か意味がある?

敵が6体!カリバーの狙いとは?

ゴブリンメギドが出現・・・しかも6体同時!

 

賢人と倫太郎以外は全員が対応に向かいますが、1体1体そこそこ強いのか

少しだけ苦戦してる様子です。

サクライド
サクライド

キングオブエクスカリバーにもっと出番を

倒した敵から光の柱?何が起きるのか!

少し強いとはいえ、無事に撃破成功!・・・かと思いきや!

ゴブリンを倒したセイバー剣斬の聖剣が光り、2本の光の柱が出現!

サクライド
サクライド

もう絶対何か起こるやつじゃん!

 

おそらくゴブリン6体を剣士6人のそれぞれに倒させて

6本の柱を立たせたらカリバーの勝ち、みたいな感じなんでしょう。

 

だとしたら、どうしてデザストバスターの足止めを・・・?

可能性があるとしたら

1:何か理由があって本当はカリバーの邪魔がしたい
2:そこにバスターがいたから

このどちらかですかね。

2が無難な選択肢ですが、今後の波乱のために1であってほしい気もします。

恐るべしジャオウドラゴン!倫太郎は無事・・・?

みんながゴブリンと戦っている一方で、賢人と倫太郎はカリバーの元へ。

スフィアのことすら疑うほど暴走気味の賢人は

やっぱりそのまま戦闘を始めてしまいます。

 

ゴールデンアランジーナで戦いに挑み、最初は圧倒するエスパーダですが

カリバーも本気を出して「ジャオウドラゴン」に変身!

 

俺はドラゴンが大好きなので、ジャオウドラゴンのビジュアルはめちゃめちゃ好き!!!

 

あと、「人間には扱いきれないかも」的な忠告があったのに、割と簡単に使ってましたね。

サクライド
サクライド

もしやもう人間じゃない?

 

ジャオウドラゴンの力の前に倒れるエスパーダ。

とどめを刺されるかと思いきや、さっきまで喧嘩していた倫太郎が

その身を犠牲にエスパーダをかばいました!

 

家族ですから」と言ってほほえむ倫太郎の姿に賢人は・・・。

サクライド
サクライド

い、生きてるよね?

セイバー11話の感想【まとめ】消えたスフィア、誰かと会うタッセル

賢人とカリバーの戦闘中にしれっと消えてしまったスフィア

謎のお客さんが来た様子のタッセル。

 

今回の話は賢人とカリバーの物語であると同時に

カリバー陣営の他にも勢力がいることを暗に示すような回でしたね。

 

果たして本当に第3勢力はいるのか。

いたとしてソードオブロゴスの味方なのか。

そして倫太郎は無事に復活できるのか!

 

飛羽真たちが戦ったゴブリンメギドたちも気になるし

続きが気になりますね!

 

第12話「約束の、あの場所で。」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました